銀行系のカードローンのメリット

現在は年収の3分の1しかお金を借りることが出来ないって知っています?これは貸金業法に規定されている総量規制という制度なんですが、お金を借りたい人にとっては厄介な制度ですよね。

どうしてもお金が必要って時はあるのにお金が借りれないって非常に不便です。総量規制自体は多重債務者が出てくるのを抑えて国民を保護しようとする目的なのですがありがた迷惑な側面もありますよね。

貸す側としても問題ない人なら年収の3分の1以上の借入があったとしたら融資したいでしょうし、なんか総量規制という制度はあまり好きにはなりません。

でも好きだろうがなかろうがそれが法律ですから遵守しなければなりませんよね。でも総量規制の対象外の融資というのもあるんです。

それが銀行からの融資です。銀行は貸金業法ではなく銀行法に縛られ、銀行法では総量規制の縛りはありません。なので年収の三分の一以上の融資でもすることが出来るんですね。

確かに消費者金融よりは審査に厳しいという側面がありますが総量規制対象外というのは銀行系のカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

また銀行系のカードローンは限度額が高くて金利が安いのも特徴です。お金を借りる側からしたら金利が安い方が良いのでその点でも銀行系のカードローンにはメリットがあるといえます。

複数社から融資を受けている方は銀行のおまとめローンを利用すると借金が一本化され金利も安くなり管理もしやすくなると思います。

おまとめローンに向いているカードローンはオリックス銀行のカードローンなどです。上限が800万円で下限金利が3パーセントなのでかなりスペックが高い商品だといえるでしょう。おすすめできる商品ですね。

オリックス銀行以外にも三菱東京UFJ銀行のバンクイックはお勧めです。オリックス銀行は専業主婦は借入出来ないのに対してバンクイックでは専業主婦でも融資を受けることが出来ます。

これは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加