「 2014年09月 」一覧

昭和64年の硬貨の価値

今回は金融関連のニュース…ではなく、ちょっとしたコラム記事を書いてみたいと思います。

というのも個人的にちょっと興味深い記事があったからです。

皆さんは昭和64年という年があったことをご存知でしょうか?
この年に平成になった訳ですが、昭和天皇の崩御により昭和はたった一週間で終えてしまうことになってしまいました。

そして、この年にわずかだけ発行されたものが昭和64年の硬貨です。

たった一週間しか無かったので昭和64年に発行された効果の価値はものすごいんじゃ…なんてウワサされて大そうに持っている方も多いのではないでしょうか?

実は昭和64年の硬貨は昭和天皇崩御後も発行され3月まで作られています。
その為、最も希少価値のあると言われている500円硬貨でさえ、コインを扱うお店に持って行っても600円ほどにしかならないそうです。

…もしもこのブログをお読みで昭和64年の硬貨をお持ちの方がいたら、正直すごく残念に思うかもしれませんね。しかし、後々の資産として残していた方もいらっしゃるかもしれないので、今のうちにあまり価値があるものではないといいうことを認識しておきましょう。

ちなみに、昭和64年の硬貨の発行枚数は以下の通りとなっています。

1円…約1億1000万枚
5円…約6700万枚
50円…なし
100円…なし
500円…約1600万枚

意外と多いことに驚いた方も多いと思います。

そして、50円硬貨と100円硬貨が発行されていないことにも驚いたのではないでしょうか。

500円があるのだからと100円を探していた方は多いと思いますが、発行されていなかったとは…ここで知れた人がいたとしたら無いということが分かってラッキーだったと思います。

また、もしも昭和64年の100円か50円を持ってきたら1億円で買うよ!と言っても良いかもしれませんね!なにせ発行されていないのですから!