民事再生のメリット 家を手放さなくてもいい?

民事再生が持つ最大のメリットはマイホームを手放さなくても良いことである、と別の記事で述べました。これは実際に債務整理が行われている現場でも共通している認識で、マイホームを手放したくないという要望がある場合は、真っ先に民事再生が検討されます。
ところで、なぜ民事再生だけがマイホームを守ることができるのでしょうか。その点についても解説が必要だと思います。
債務整理というのは、原則として借金を一部ないし全部なくすことで返済の負担を軽減して解決する手法の総称です。その中に自己破産や任意整理、民事再生などがあるわけです。借金を減額したいということを貸し手側に交渉するのですから、ここで貸し手側としては「それなら持っている財産を全て処分して返済に充てて下さい。減額の交渉はそれからでしょう」という言い分になるはずです。
しかし、民事再生にはそれがないのです。なぜなら、「定期的な収入があるのに、破産をして債務がゼロになってしまうくらいなら一部でも回収できる方法をとるべき」という考え方で生まれた制度だからです。そのため、自らが居住するための住居については特例で除外することが可能なのです。債務超過に苦しんでいる方の中には住宅ローンが関わっているケースが非常に多く見られます。そんな方のマイホームを守るための制度が、民事再生なのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加