昭和64年の硬貨の価値

今回は金融関連のニュース…ではなく、ちょっとしたコラム記事を書いてみたいと思います。

というのも個人的にちょっと興味深い記事があったからです。

皆さんは昭和64年という年があったことをご存知でしょうか?
この年に平成になった訳ですが、昭和天皇の崩御により昭和はたった一週間で終えてしまうことになってしまいました。

そして、この年にわずかだけ発行されたものが昭和64年の硬貨です。

たった一週間しか無かったので昭和64年に発行された効果の価値はものすごいんじゃ…なんてウワサされて大そうに持っている方も多いのではないでしょうか?

実は昭和64年の硬貨は昭和天皇崩御後も発行され3月まで作られています。
その為、最も希少価値のあると言われている500円硬貨でさえ、コインを扱うお店に持って行っても600円ほどにしかならないそうです。

…もしもこのブログをお読みで昭和64年の硬貨をお持ちの方がいたら、正直すごく残念に思うかもしれませんね。しかし、後々の資産として残していた方もいらっしゃるかもしれないので、今のうちにあまり価値があるものではないといいうことを認識しておきましょう。

ちなみに、昭和64年の硬貨の発行枚数は以下の通りとなっています。

1円…約1億1000万枚
5円…約6700万枚
50円…なし
100円…なし
500円…約1600万枚

意外と多いことに驚いた方も多いと思います。

そして、50円硬貨と100円硬貨が発行されていないことにも驚いたのではないでしょうか。

500円があるのだからと100円を探していた方は多いと思いますが、発行されていなかったとは…ここで知れた人がいたとしたら無いということが分かってラッキーだったと思います。

また、もしも昭和64年の100円か50円を持ってきたら1億円で買うよ!と言っても良いかもしれませんね!なにせ発行されていないのですから!

キャッシングは何を比較して業者を選ぶべきか

キャッシングをはじめて利用するという人にとって、業者選びは大きな問題です。

業者のホームページを見ても書かれていることはどれも同じようなことばかりで、しっかりとした知識を持っていないと、なかなか的確に判断することは難しいでしょう。

業者を選ぶ際には、まず最初に優先順位を決めることです。
お金を借りる際に何を重視するから、人それぞれ違います。

自分の絶対に妥協できない点をまず挙げて、その点について比較検討してみることが業者選びには大切になります。

たとえば、できるだけ返済額を減らしたいという場合には金利を比較するのが一番です。

利息は返済期間中ずっと発生するものですから、返済額を減らすためには低い金利でお金を借りることが必要になります。

その際、金利だけでなく、手数料などが発生しないかも確認しておきましょう。

見た目の金利が低くても手数料と合わせると費用が増えてしまうことがあります。

すぐにお金が必要な場合には、融資までのスピードを比べてみるのもよいでしょう。

現在はキャッシング即日が一般化していて、申し込んだその日のうちに融資が受けられることも珍しくなくなっています。

ですから、即日融資に対応しているのか、対応している場合にはどのくらいの時間で融資が受けられるのかを比べてみましょう。

利便性を求めるならば返済方法にも注目です。

最近は金融機関やコンビニのATMから返済ができるのが当然となっています。

この方法だと、わざわざ店舗まで足を運ぶことなく返済ができるのでとても便利です。

また、ネットバンクに口座があれば自宅のパソコンから手続きが可能な場合もあるので、そのような返済方法に対応しているかどうかも利便性の比較では重要なポイントになります。

キャッシング業者別の、比較すべきポイント

Yahoo!JapanやGoogle等で検索すると、数多くのキャッシング業者がヒットします。

余りにも数が多いので、どこから借り入れたほうが良いのか、ややもすると分かり難い面があります。

幾つか比較すべきポイントがあり、じっくり見極めた上でベストな借り入れを行いましょう。

まず1点目が、金利です。

各社によって差があるものの、出来るだけ安い金利で借り入れたいのは言うまでもありません。

何故なら、殆どが日割り計算を採用しているので、早期に返済したり、出来るだけ早く完済すると金利の負担額を抑える事が出来ます。

業者によっては、一定期間に限って無金利サービスを行っているところもありますので、ぜひ調べてみて下さい。

2点目が、審査の早さです。

キャッシング業者から借り入れを行う方の殆どが、短期間で返済する事を希望し、少額の資金を用立てたいと考えているのではないでしょうか。

今日中にでも纏まった資金が必要だという場合、審査に何日も掛かってしまうと、急場を凌げなくなる可能性があります。

なかでも消費者金融系の業者は、殆どの場合即日融資に対応しています。
大手を中心に、公式ホームページから申し込みを行うと、秒単位で審査をパスしたかどうか分かるシステムが採用されています。

殆どのキャッシング業者は、1時間を目安に審査を通過したかどうか、連絡をして下さいます。

3点目が、借入金額です。

業者によって違いがありますので、直接窓口へ問い合わせてみましょう。

各社のホームページをチェックしたり、問い合わせて比較するとなると、手間が掛かってしまいます。

比較サイトを使うと、これら3つのポイントを含め、各社が提供するサービスを一つのページで見比べる事が出来るので、活用してみて下さい。

申込みブラックに気を付けろ!

普通なら当然お金を借りることが出来る人が金融審査に落ちる場合があります。その例の一つとして申込みブラックが挙げられます。

申込みブラックとは一か月の間に、複数社(3社~4社以上)金融審査にかけると、もともと複数業者から借金をしてお金を借りるだけ借りて飛んでしまう可能性が高いと判断され審査に通らなくなることを言います。

せっかく審査に通る力があるのに複数社申し込みをしたという事実のみを持って金融審査に落ちてしまうのは非常に勿体ないですよね。

なので金融審査にかけてお金を借りる際には必ず予め自分に合った業者を厳選してから審査にかけるようにしましょう。

審査に通るか不安だから複数社申し込んでみるという発想は非常に危険ですのでやめましょうね。

申込みブラックになってはもったいないので。
念の為補足しておきますが、申込みブラックの期間は3か月くらいです。

普通の金融ブラックと比べて期間は短いですが、即日融資を希望されている方など緊急でお金を借りたいと希望されている方にとっては致命的な期間となるので十分に注意が必要です。

お金を借りることは簡単だと思っている方が多いですが、意外とお金を借りる際に知っておくと便利な情報を知っている人が少ないのもまた事実です。

お金を借りるという行為は同時に利息を払う約束をするということなので、十分な金融に関する知識を身に付けて利用するのがベターだと思います。

銀行系のカードローンのメリット

現在は年収の3分の1しかお金を借りることが出来ないって知っています?これは貸金業法に規定されている総量規制という制度なんですが、お金を借りたい人にとっては厄介な制度ですよね。

どうしてもお金が必要って時はあるのにお金が借りれないって非常に不便です。総量規制自体は多重債務者が出てくるのを抑えて国民を保護しようとする目的なのですがありがた迷惑な側面もありますよね。

貸す側としても問題ない人なら年収の3分の1以上の借入があったとしたら融資したいでしょうし、なんか総量規制という制度はあまり好きにはなりません。

でも好きだろうがなかろうがそれが法律ですから遵守しなければなりませんよね。でも総量規制の対象外の融資というのもあるんです。

それが銀行からの融資です。銀行は貸金業法ではなく銀行法に縛られ、銀行法では総量規制の縛りはありません。なので年収の三分の一以上の融資でもすることが出来るんですね。

確かに消費者金融よりは審査に厳しいという側面がありますが総量規制対象外というのは銀行系のカードローンの大きなメリットと言えるでしょう。

また銀行系のカードローンは限度額が高くて金利が安いのも特徴です。お金を借りる側からしたら金利が安い方が良いのでその点でも銀行系のカードローンにはメリットがあるといえます。

複数社から融資を受けている方は銀行のおまとめローンを利用すると借金が一本化され金利も安くなり管理もしやすくなると思います。

おまとめローンに向いているカードローンはオリックス銀行のカードローンなどです。上限が800万円で下限金利が3パーセントなのでかなりスペックが高い商品だといえるでしょう。おすすめできる商品ですね。

オリックス銀行以外にも三菱東京UFJ銀行のバンクイックはお勧めです。オリックス銀行は専業主婦は借入出来ないのに対してバンクイックでは専業主婦でも融資を受けることが出来ます。

これは非常に大きなメリットと言えるでしょう。

キャッシングの審査に通りやすくする方法

キャッシングの審査に通りやすくする方法と大それたことを書きました。
通りやすくするというかどちらかというと注意点ですね。

まず無職の人はキャッシングの審査に通りません。
これは誰でも分かると思います。

なので現在在職中で退職が決まっている方は無職になる前にキャッシングの審査にかけることが重要です。辞めてからじゃ審査に通りません。

また勤続年数なども審査の基準として見ているので出来る限り長い勤続年数だと良いですね。

あと現在では審査に通す際に所得証明が必要になりますよね。
その際に源泉徴収票などを提出するのですが、こんなもの簡単に偽造できます。

偽造するっていうとなんか違法なことに思えますが、私文書を偽造して私的な機関に提出しても犯罪にはなりません。

なので裏ワザ的にではありますが所得が少なく借り入れが不可能だと思っている方はこういった手段を利用してみるのも良いのかもしれません。

かなりダークな手法ですけどね。自己責任でお願いします。

また他の業者から既に借り入れがある場合には新しくキャッシングの審査に通るのが難しくなります。

一時的にでも良いので誰か個人からお金を一瞬だけ借りて借入残高を減らすという事も意外と有効的な手段です。

審査に通ってキャッシング出来るようになればお金を友人に返せば良いのですから。一般的にはキャッシング審査に通りやすくなる方法なんてあまりないと言われていますが、頭を少しひねれば意外と出てくるものなんです。